ワインと読書vol.19_終戦の日にしみじみ読みました高嶋哲夫さん「トルーマン・レター」




長崎を訪れて思い出したトルーマンという人物


この夏、長崎へ行ってきました。
8月9日の平和公園。何やら白バイだらけの厳戒態勢で
よく考えたら岸田さんがいらっしゃっていたとかで
当日は一般祈祷ができませんでしたが💦

3日ほどかけて、平和公園、浦上天主堂、爆心地公園
それから原爆資料館などなど

戦争という不条理、それからキリシタン弾圧などの歴史を
石畳の坂を上り下りして体で感じてきました。

街のいたるところに白い十字架がそびえていて
護られている心地の良さがあります。
祈りって、鎮魂ですね。
(そして長崎は村上龍さんのご出身の地でもあります!)



訪れる前から、遠藤周作さんで長崎への気持ちを高めて
「帰ったら『沈黙』もう一回読むぞ」なんて息巻いていたのですが


浦上天主堂の歴史資料館にて
どうしても気になってしまったキーワード


「トルーマン」


、、はて。社会科で習った。そうですよねたしか
第33代アメリカ大統領。ハリー・S・トルーマン
第二次世界大戦終結当時の大統領にして、原爆投下を決断した人




トルーマン、、



そうだッ!

高嶋哲夫さんの作品にあった
「トルーマン・レター」だ!!

ずっと気になっていた。


あ・れ・が・読・み・た・い・!!


トルーマン・レター (集英社文庫) [ 高嶋哲夫 ]


シュワっと飲み切り、缶スパークリング


で、読みました。一気読みです

なぜ原爆投下はなされたのか―――!?

元新聞記者の峰先は33代米大統領トルーマンの私信を入手、それは広島・長崎の原爆投下に関する内容だった。手紙を巡り、峰先は国際諜報戦に巻き込まれる。歴史の闇に迫るサスペンス。

amazon


当時の大統領、トルーマンが愛人に出したと思われる手紙(私信)
それを入手してしまった元新聞記者が主人公。

1945年が舞台なのかと思いきや
思いっきり現代のお話でした。
日本が経済的に世界をリードしている設定なのは20年前の作品ゆえ
多少、あれ?ってところはありましたが

原子力をご専門にされ、迫力ある作品を描かれてきた高嶋先生です
トルーマンについても描いておかねばならなかったのだろう、と
勝手に使命のようなものを感じてしまった。

実在するトルーマンという人物について
かなり掘り下げたものになっているのですが

「ここまで描いちゃって大丈夫なの?」
「え、フィクション?よね?」



ドキドキしながら読みました。


今回も、どちらかというと
圧倒的なリアリティーに身を委ねる、というよりは
人間描写や人間ドラマに行きつ戻りつするわけですが
ソレも含めて堪能しました。


ちびちび、スパークリングCANを飲み下しつつ。



喉越し、しゅわー!!


めっちゃ邪道なんですが
缶から直接、細っそいストローでチューチュー吸うと
炭酸が喉を刺激して、いいです。笑


飲みきりサイズのCANスパークリング

「ボトル、飲みきれないんだよな」ってときに
一人でサクッと飲めて重宝してます👍

箱買い、するかな😊



kyoco


\楽天セール中/

トルーマン・レター (集英社文庫) [ 高嶋哲夫 ]

サントリー ボッリチーニ スパークリングワイン 白 ロゼ 飲み比べ ワインセット(250ml*6本入)

5日(月)限定!ポイント5倍【送料無料】バロークス プレミアム バブリー シャルドネ 250ml×24本 スパークリングワイン 白 13度 オーストラリア
















Follow me!