読書とワインVol.3_<神の雫>雫ぼっちゃま!!

読書の秋でございます。

わたくしも、大人と呼ばれるトシになりましたもので
今さらながら
読書の秋にオトナ買い😋

今日のところはこの辺にしといてやろう。笑


ついでに、ローソンにて
「神の雫で絶賛!」と書かれた
evodiaを購入。

ローソン!!

成城石井との提携かなんかで
ワインに注力されてるそーですね

まだまだ、evodiaの登場する31巻までは遠いので
飾って眺めるだけなのですが
目に入るとニヤニヤしちゃいます楽しみで。

どんな話が描かれているんだろう?

スラムダンクの花道風?

それにしても
雫ぼっちゃまがいいですね〜

ワインっていう、難解なものを解いてゆくナビゲーターとして
あの力みのなさというか
飄々とした風貌がとてもいい。

子犬系ね😋


ストーリーも
美味しんぼでいう海原雄山と山岡士郎的な

ちょっとヨレた息子が
揺るぎない味覚を
幼いころから叩き込まれていて
それが発露していくという…

ね。


香りを嗅いだだけで、目の前に
ブドウをたたえた大地や土が見えたり
味覚が一枚の絵となって現れたり
ポエミーな言葉が怒涛のように溢れ出たり、、


感性と知識とロマンが幾重にも交差する


ワインって教養のカタマリっすね!!


いつか、あんな境地にたどり着けたら
ワインって
楽しいんだろうなぁ〜♡



マンガって、ある意味現実的(視覚的)で
小説よりも夢を見れないと思っていたのですが

「神の雫」に関してはそんなことなく

絵があるからこそ広がる世界があって
楽しく読んでます♪


ストーリーはもちろん
巻末の「ワインメモ」みたいのが
すごくいい!!

筆者や編集チームが
ほんとにワイン好きなんだろうなっていうのが
ビンビン伝わってくる座談会とかw


(余談ですが、スラダンもそうだったよね
余白のラクガキが面白いw)


やっぱ、好きを突き詰めてる人って
引き込まれちゃいますね!!



っていうことで

今宵は、甘めの赤にカーッと酔いながら
読書を楽しんでおります

今宵も美味しゅうございます♡



Kyoco

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です