「カリフォルニア V.S. 南仏」産地違いのシャルドネを飲み比べ!①



めちゃくちゃワクワクしました♪

「産地や品種の個性を学ぶ」ワインシリーズ
<Because,>さんのシャルドネ比較。

同じシャルドネでも
こんなに違うんですね😆


(以下、初心者のシロウトが好き勝手にほざいてます。あしからず!)

左カリフォルニア、右が南フランス


この写真ではちょっとわかりにくいですが💦
カリフォルニアのほうが淡く
南仏はオレンジ味が入って濃いめ。

色みから判断して
「カリフォルニアはフルーティーで飲みやすく
南フランスはしっかり重めかな?」

と思ってましたが
みごとハズレました。笑


ああおもしろい!!


カリシャルはパンチ強☆
どっしり、飲みごたえあり。

ちょっとびっくりしました
カリフォルニアのシャルドネさん。

太陽の下で。

開けた瞬間から
パワフルな南国フルーツの香り🍍

思わず
「樽!!」と声が漏れた←笑

南国の、むせ返るように芳しい果実が
熟れ落ちて蜜の香りを放っているような..

その染みに黒い小さな虫たちが音も立てずに集まってくる
その情景まで含めたような濃密な香り。

それが樽の香りに閉じ込められて

「クロワッサン」「バニラ」へと昇華してゆくのですね
ワインってすごい..✨

ひたすら主観で言っちゃうと、香りは
ドライパイナップルとかドライマンゴーの
ちょっとオイリーで濃厚な感じ。

あの、すこし獣っぽい香りというか
そういうのを感じました
干して濃縮されたみたいな。


でもいざ飲むと酸味もしっかりあって
「ねっとり」ではないんですよね
さらっと飲めちゃう。むしろ完熟ではない気もしてくる
グレープフルーツとか、そういうのもある


余談ですが、外で飲んでいたら
このボトルだけやたら小虫が寄ってきて(笑
やっぱ南国っぽいんだなぁ〜😆

説明を読むのが楽しい

正直、
シャルドネって洗練された飲みやすさと
スマートな印象があったので

こんなにワイルドなの!?っと
全然違くてびっくりです。

解説によると..

太陽をたっぷりと浴び、
熟れたパイナップルのような風味に
芳香な果実のおいしさがまろやかな酸と一緒に広がり
ジューシーな味わいがいつまでも続きます。

トロピカルなフルーツのほか
黄色い花束、クロワッサン、バニラのような樽香などが楽しめます。

Because,

それぞれの味わいを表すエチケットには
パイナップル、バニラ、
右端の月形はクロワッサンかな?


3日たって、常温で飲んでみたら
クロワッサンがブリオッシュになっていました♡
ドライフルーツの臭みが抜けて
ずいぶん飲みやすくなった印象。
(私は樽の香りがあまり得意じゃないのかもしれません)


好きか嫌いかといわれれば
私は斎藤工(フェロモン系)よりも
スマートな中村倫也のほうが好きなんですけれども🤣🤣

ランチに。


ランチに合わせたら

これはこれで
シンプルなベーグルランチの「おかず」というか笑

ワインを主役に
パンとチーズが進みました♡

明治の十勝パルメザンチーズ
けっこう味濃いんですけどね〜

ぜんぜん負けませんでしたね☆

なんか、ハンバーガーとかグリルビーフとか
味の濃いのにいいかもしれない。

とてもおいしくいただけました!


以前飲んだ「BEND」にすごく似てるなぁって思って
思い出してみたら、あれもカリフォルニアのシャルドネでしたね

ベランピングで乾杯!

フィオル ディ ソル シャルドネ “ベンド” カリフォルニア [2017] (正規品) Fior di Sole Chardonnay Bend [値下げ対象品][白ワイン][アメリカ][カリフォルニア][750ml]

価格:999円
(2020/11/2 11:30時点)


あぁ、これが
「That’s カリシャル」ってやつなのかしら。

あれ?
少しだけ、輪郭見えてきたかしら



う・れ・し・い・♡



②へ続きます。
(南フランスのほういきまっす)


jaiko

\シャルドネ比較はこちらから/

Follow me!

「カリフォルニア V.S. 南仏」産地違いのシャルドネを飲み比べ!①” に対して2件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。