ブレッド&バターの醸造家の新作!?<BEND>

だから飲んだってわけじゃないんですけどね笑


飲んでみたかったんです〜
カリフォルニアの<BEND>

Fior di Sole Bend
フィオル・ディ・ソル 
シャルドネ ”ベンド” カリフォルニア 2017

フィオル・ディ・ソル シャルドネ ”ベンド” カリフォルニア [2017] (正規品) Fior di Sole Bend

ツレが、どこかのバーで飲んできたらしくて

「バニラの香りの、、
あれまた飲みたいな〜」と。



さっそく調べましたところ
税抜¥999円の超コスパワインでした♪

しかも、カリフォルニアワインYANAGIYAさんのコメントによると

それは本当に久々…「おおっ!」っと目の覚めるような、三桁カリ・シャルとの出会いでした。
飲んで驚き、唸らされた999円、
それがこちらの 『フィオル・ディ・ソル』。


YANAGIYAさんのサイトは、もう読んでるだけで
端から端まで飲んでみたくなるような
ワイン愛に溢れたナビゲーションなのですが
(たまにカリフォルニア以外の名品があると嫉妬しながらも認めるところがまた好き。笑)


2本ストック買いして、まずは1本。

開けたては
「こんな味だったかなぁ〜??」←


おーい。


酸味がきいてます

バニラどこいった



「南国系果実といっても、熟れ熟れのものではなく、カリカリの白桃や蜜りんご、洋ナシにハニーも少し…といった塩梅で、そこに芳ばしいブリオッシュが乗る」


ふむ。



香りは甘い、んだけど
それに付随する味わいがやや不足?

甘み?旨味?



率直に言うと

、、、薄かったです。


酸味のパンチと
煙るようなスモーク感っていうんですかね?
そういうのはしっかりあるんですけども。

口の中にじゅわっと広がる香味だったり
魅了されるような存在感?みたいなものはさほど残らず、、


はかなくスッと消えていく、、



個人的には、余韻がないといいますか
以前ボジョレーのんだときみたいな

「、、、水なの?」ってくらい
無になる瞬間がやってきまして



ちょびっと残念。




シャルドネ好きのツレは

「おっかしいなぁ
ヴィンテージも2017で同じなんだけどな〜」と首をかしげながら

初めてお店で飲んだときの備忘写メを思わずチェック

温度とか扱いの違いなんですかねぇ〜^^;


期待値が大き過ぎたかな?←



ツレは
「でも飲みやすくて
これはこれでいいのかも?」とぐいぐい進んでいましたが

私はもうちょっと
グラスで変化していくのかと

期待しちゃったよ


¥999でそこまで求めちゃアレなんでしょうけど^^



これが
さっぱりあっさり白ワイン好きなツレと
白ならゲヴェルツがいい旨味推しなわたしの

好みの違いなんスかねぇ〜???



ちょっと、届いて翌日飲んじゃったってのもあるんで
しばらくしてから2本めいってみて

あと数本頼んだほかのカリフォルニアワインも
試してみようと思います。


それでは、今宵はおやすみなさい♪




Kyoco

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です