シャルドネ好きは頭がいい? そして遊び人?(ソムリエによる興味深いワイン診断)


Hi!

シャルドネなら間違いないだろうと
「とりあえず」選んでいましたKyocoです^^;

こんばんワイン♪


今日は、とーーってもオモシロい記事を発見しましたので
シェアさせてください。

白か赤かワインの好みで性格も分かるマスターソムリエ高野豊さん


すっごい読みたくなりません!?笑

ダイエーのワイン売り場の開拓者でいらっしゃるソムリエさんらしいのですが
20年のキャリアの間で、同じワインが好きな人をグループ分けして相関関係を研究し

直接、顔を見て話すだけで
好みのワインを当てられるそうなんです。ごいすー

こーいう方にいちど診断(?)していただきたいわん♡


高野さんによりますと
「白ワインがお好きな方は、協調性のある方。

なかでもシャルドネがお好きな方は頭がよく
そして遊び人」だそうです。ひー

がーさすです。

ちなみに、私の好きなピノさんは

「ピノ・ノワールは
協調するけれど、最後に言うことを聞かないタイプ」


ぎゃふん☆

その他、住んでる地域によって好みの傾向があるですとか
スパークリングやビールが好きな人は3人兄弟の真ん中タイプだとかまじめだとか

膝ポンな「へぇ〜」が怒涛のように!!


「赤ワインがずっと好きだったのに最近は白ワインが好きになったという場合。
プライベートかお仕事で、いろいろ無理されているのかもしれませんね」


わーこんなことバーで静かに囁かれたら
惚れてまうかもしれません!!


わたし、ワインの銘柄とか出来不出来よりも
こっち(飲む側)にがぜん興味あるなぁ〜



さしづめ、自己分析では
わたしは「南国生まれの長女タイプ」

赤でも白でも、わかりやすく甘くHappyな多幸感がマストなんだけど
「へぇ〜そう来る?」って感じの意外性もほしい
楽天家、だけど根がまじめ(ちゃんとしてたい)

ヨーロッパの洗練に憧れながらも
さいきん、「おいしい、ハッピー、イェ〜イ!!」みたいな
新世界的な南国の血が自分にも流れていることを(九州出身)
ひしひしと感じているんですよねw

これって、食の好みとか
アーユルヴェーダでいうカパとかピッタとか
そーいう体質にも関連している気がするなぁ〜


まっこと、ワインは深き哉。



今宵はこちらをいただいています。

18
エイティーン シャルドネ

チリ産/中辛口
バナナや熟したピーチのアロマ。
口に含むとトロピカルフルーツの香りが広がる、だそうです。

なんか賞とかもらってます?
ロゴに惹かれて。


バナナやピーチ、トロピカルフルーツってありますが
あんまりふくよかさは感じなかったなぁ〜

むしろツンとくる酸味ばかりが際立っていたかも?
(保管がわるかったのでしょうか。それと私の舌が、^^;)


こーいうのは、アレですね
ちょっと強めのサカナと合わせることにしましょー♪♪



今宵も、自己流ながら
おいしくたのしくいただいてます♡



Kyoco

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です