アルゼンチンの「飲む香水?」トロンテスさん

ワインという大海の、まだまだ
浜辺にもたどり着いていないワタクシ。
(今ようやく海の家で水着に着替えたくらいですかねぇ〜
否、まだ飛行機の中かしら。笑)

そんなワタクシにも、好きな銘柄というものができました

白なら「ゲヴェルツトラミネール


甘く芳醇なライチの香りに
バラ、パイナップル、白い花々etc,…

「飲む香水」とも呼ばれる芳香は
たったひとくちで、めくるめくお花畑へ
しがないオバハンを連れ出してくれるのです。



、、、して、


そちらがヨーロッパの「飲む香水」なら

こちらはアルゼンチンの「飲む香水」


トロンテスさんです。
パンパカパーン☆

じょぼじょぼ、じょぼ。
トロンテスについて

んでもって、この日に飲んだのは

2018 Don David Torrontes Reserve 
ドンダビ トロンテス レゼルバ

ミッシェル・トリノの
「ドン・ダビ」シリーズです。


飲んだ感想は

「うん! すっごくマスカット!!」😋



同じ「飲む香水」でも、こちらは
どちらかというとマスカットに忠実で

ゲヴェルツみたいな
ライチ、バラ、トロピカルフルーツが
めくるめく展開、、、って感じじゃなくて


ガツンと「マスカット、、、♡」



を感じました。
(超個人的な感想です^^)



香りの変化はさほど劇的ではなく
翌日の香り抜けも早かった気がするから
(もとがライトボディだから?)


お料理に合わせて
さらっと美味しく、その日に飲んじゃうのが
いいかもですね♪



購入したココスさんのウンチクによると…

「バラの花やオレンジの優雅な香り、
樽熟成による香ばしいトーストのニュアンス。
エキゾチックでエレガントな辛口白ワイン」

と、ありました。

バラは感じなかったけど
マスカットのふくよかさをすっと品よく収めるのに
オレンジが一役買ってるのかもなぁ〜と


納得です。



裏エチケットに記載のある

「白身魚のフライに、レモンをしぼって」のくだり!!

たしかにすごく合いそう〜♪

あっさりとした白身魚のフライに、
その脂っ気を口の中でさらりと回収するトロンテス
そして、残り香は儚くマスカット。
フレーバー程度にきかせたオレンジが会話を楽しく弾ませて…


ああ、至福だ!!



他にもいろんなトロンテス
飲んでみたいなと思いつつ、


今宵は、カマンベールを片手に
おいしくいただいてます♡

(それはそれで合う〜)

ドンダビ トロンテス レゼルバ 2018 Don David Torrontes Reserve 白ワイン アルゼンチン やや辛口 スマイル

価格:1,232円
(2019/11/7 14:34時点)

¡Hasta mañana!
(アルゼンチン風=スペイン語で「またね!」)



maman

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です