ピノノアールが好きだと思っていた話。

これまでいくつかのワインを飲んで
ワインを擬人化したマンガも数冊読んで
「わたしが愛せるのはピノ・ノワールくん」

なんて思っていたんです。


透き通ったルビーのような赤色。
香りはチェリーやいちごをはじめスミレ
そして余韻にはバラ…

品のある佇まいに、繊細な香り立ち

ああ、そのはずだったのに!!

透き通った赤色。

産地によって味が違うとは
アガワさんと壇ふみさんの対談本で読みかじってはいましたが
(ワイン情報はもとよりお2人の掛け合いが好きでして)

ピノって、こんな味だっけ?
なんかもうわかんなくなってきた。崩壊!!決壊!!

PATRIARCHE/PINOT NOIR
パトリアッシュ ピノ・ノワール

”ピノ・ノワール特有のベリー系の果実と
上品な酸味がバランス良く感じられる
飽きのこないテイスト”


、、なハズなんだけど

わたしは最初の香り立ちでダメ…
何でしょ。もわっと篭った香りがするの

そして酸っぱい。


冷やしても、少し時間を置いてみても
酸っぱさがキツくて唇ウラがシボシボしそうよ
(スパイスどこいった!?)


南フランスのピノって聞くと
「ああ、わたしにはまだ分からないのね
お子ちゃま舌なのね…」とうなだれそうになるのですが

実際そうなんだから仕方がない^^;


アガワさん仰るところの
カリフォルニアのふくよかなピノってやつを
次こそ飲んで比べてみるとしよう。


で、
こんなときこそおつまみの出番♡

ウチにある中で、いちばん甘ったるい
ガーナミルクチョコレートをお供にしてみたら

酸味と甘みが引き立てあってちょうどいい。


グッジョブ、自分( ^ω^ )



今夜は、「朝顔」の第2話みながら号泣してます。
上野樹里ちゃんほんといい女優さん♡



今宵もおいしゅうございます。


kyoco

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です