<ワイン初心者>の履歴書。

最近、ようやく
ワインリストを眺めるのが楽しくなってきました。

外でも飲みます


銘柄とか産地とか
(まだまだざっくり大きく、イタリアとかチリとかですが^^;)

すこしずつイメージが湧くようになってきて
「どんな味かな?」って
想像するのが楽しいといいますか。

これまでは、まったくの当てずっぽうか
もしくはまったくのお任せでしたからね
(「飲みやすいので♡」の一点張りともいう笑)



そんな私のつたないワイン遍歴を
今の段階で残しておこうかと。

非常にパーソナルかつ凡庸な内容なので
「あ〜、いるいる」程度にご笑読くださいませね😋


20代前半
「ワインって酸っぱくて渋くて苦手」
→ 大学時代は、ビールの麦の香りも嫌い。焼酎の匂いも嫌い。
 当然のごとく学生が行くような居酒屋に出てくるワインも大嫌い。
 でもお酒自体は弱くないし酔っ払うのは嫌いじゃなくて
 「鍛高譚とディタなら飲める」と
 ディタグレープ(フルーツ)だけ朝まで飲み続ける。
 (そして胃を荒らすw)

「ワインって悪酔いするよね」期
→ 仕事を始めておつきあいの数も多くなり
 わりといいお店に連れて行ってもらっても
 ワインに酔っ払った人のワイン臭さに拒否感
 ワインっていうより、当時のワイングラスを回すような
 人種が好きになれなかった。
 (ビール飲む陽気な奴の方がかっこいいと思っていた。笑)
 「ボジョレ・ヌーボー」って言いたくて安居酒屋でボジョレーの小ボトルを飲んでは
 たいして美味しくもないと思っていたのもこの頃。笑


〜Ten years later〜
(仕事に邁進して気づけば10年)


「ワイン、、興味はあるけれど…」期
→ そろそろイイ歳になってきて、食事も飲み物も
 「美味しいものを、少しだけ」フェーズに差し掛かる。 
 お呼ばれする結婚式やディナーのお店も年齢とともに格上げされ
 たまにとびきり美味しいワインにも出会ったりなんかして
 (今思えば食事と呼吸が合ってたんだと思う)
 「ワイン、いいなぁ」と思って買って飲んではみるも
 銘柄もナニも手がかりなく単発でパケ買いするので「ふ〜ん」て感じ。

「銘柄、気にしてみようかな」期
→ 恥ずかしながら、このブログを立ち上げた頃です。
 脈略なく思いつきで買っていたワインも
 よく見たら「シャルドネ」とか「メルロー」とか
 あれこれ書いてあることに(ようやく)気づいて
 がぜん興味が出てくる。

「ピノ・ノワールが好き。…と思っていた」期 
→ たまたま美味しいピノ・ノワールに立て続けに出会って
 (それもまた格安コスパ系で本家ピノじゃないのだけれども)
 「わたし、ピノ・ノワールってやつが好きなんだわきっと!」と思っていた時期。
 華やかで軽やかで、渋みが少ないって印象だったんだけれども
 たまに外して気が遠くなる。

「乱飲、混沌」期
→ 「じゃあピノって何よ」って
 本とか読み始めて。
 同じ銘柄でも産地や収穫年によって味が違うこと、
 新世界、旧世界というものの存在や
 暖かな土地では渋みが取れて陽気になる、みたいなことを
 (本の上で)知る。
 でも、家飲みでは2〜3日に1本を開けるのが精一杯で
 同時に飲み比べることができないので
 「そもそもピノってどんな味だっけ」
 「で、これってピノの中でどんな立ち位置?」と軸がわからなくなり
 いったん思い込みを忘れてみよう!といろんな銘柄飲んでみて
 はじめて「まじ美味しい」となったのがゲヴィルツトラミネール。
 違うメーカーのものや収穫年によって多少違いはあれ
 「これ、すごく好きだな」と思える銘柄に出会えました。

「イタリヤ長介」期
→ マンガ「神の雫」を読み始めて
 3巻に出てきた「イタリヤ長介」に激しく共感!
 陽気、ふくよか、疲れない、
 3点揃ったイタリア、スペイン系のワインが
 私は好きなんだと気づく。

 

今ここです。


私は九州生まれで、しょうゆは濃口しょうゆだったし
味噌は甘めの麦味噌。

緑茶もやっぱり、鹿児島の知覧のお茶がいちばん好きです。
甘くてまるくて旨味がすごい。

静岡や京都のお茶は、無駄がなくて
ちょっと物足りなく感じてしまうんですよね^^

自分の南国ルーツがワインの好みにもしっかり反映されてるんだなぁ〜って
しみじみ(このトシで)思ったりしています。



この先、フランスワインの奥深さに
目覚めるときは来るのだろうか??


好きをつきつめていったら
自然とそうなって行くのかな〜、っと

そんな自分が楽しみでもあり
中年と呼ばれるトシになった自分への
新たな挑戦でもあります。



そんな感じのワイン遍歴。


超パーソナルなことをつらつらと書きました
最後までお読みくださった方、ありがとうございます!

(ていうことで、今夜はめずらしく
フライデーナイツを外で飲んで過ごします♡)



Kyoco

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です